はばんぐーの怠惰な日常を彩る様々な食、音楽、文化を紹介するとってもアカデミックで教養高いブログだっす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソなの? H.I.Sの格安商品(限定)は本当に実在するのか?

うーむ、H.I.Sがたまーに出している格安のチケットって本当に有るんだろうか?

最近流行りのLLCがH.I.Sがらみでも就航するということで、その就航記念に
『バンコク~成田往復航空券9,600円!』
と言う記事を見つけて発売日をチェック!

本日の10:00から予約開始ってことだったので9:59に電話をしてみると見事一発で
予約センターに電話が繋がっちゃいました!

ここまでは順調だったんだけど、オペレーター曰く

「申し訳ございません。既に満席になってしまいました。」

だってさぁ...

10:00発売のチケットが9:59で満席ってどうなんでしょうね???
本当に席を用意しているのか疑いたくなります。そんなのチェックする機関なんてないしなぁ。

どなたか本当にチケット購入できた方がいらっしゃったら是非コメントお願いします。

でなけりゃ、ハバングーさんの中でH.I.Sは黒確定となりますよー♪

※当ブログに使用している写真はケータイサイトでも見易いように小さめのサムネイルと
なっておりますので、PCで大きくして見たい方は写真を直接クリックしてちょーだいね。


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人
スポンサーサイト

2010タイ旅行(5) ロッブリーひまわり祭り編

サワディーカップ!

さてさてまだまだ続きます、はばんぐーさんのタイ紀行。

前回お伝えした「猿の町」ロッブリーですが、ロッブリーからサラブリーにかけての一帯は
タイで最大のひまわりの産地としても知られておるんですよ。
ちょうど今のシーズンはひまわりが満開で、ついでにお祭りも行われてるっちゅうんで
早速行って見ることにしましょう。

ただし、2県にまたがるひまわり産地はとんでもなく広大...
見頃も畑によってまちまちらしいので、ロッブリーの駅前にあるTAT(タイ国政府観光庁)の
オフィスで事前に見頃の場所を調べておきましょう。
ローカルバスでの行き方も親切に教えてくれますよ。

行き方もバッチリ教えてもらったところで、はばんぐーさんが宿泊している旧市街から
新市街のバスターミナルまでとりあえずバスで移動します。

DSC03742.jpg
ロッブリーの新市街はこんな感じ。まっ、典型的な田舎町の中心部ですな。

さすがロッブリー。バスターミナルでは英語も全く通じそうにございません...
片言のタイ語とTATで書いてもらったメモを頼りになんとかひまわり祭りの場所を通過する
らしき?ローカルバスに乗ることができました♪

バスに揺られること30分ほど、ベリーローカルな道のど真ん中で降ろされます...

DSC03743.jpg
こーんななーんもない場所で降ろされちゃったよ!

おっ!

DSC03784.jpg
道端にこんな看板を発見!タイ語は全く読めませんが恐らくひまわり祭りの案内に違いない!

ならばと、看板の脇にある側道をズンズン歩いていくことに決めました。
車も通らない田舎道を歩くこと10分程度...

おー、見えてきました~♪

DSC03747.jpg
一面満開のひまわり畑でございますよ~♪

更に奥に進んでいくと、お祭り会場らしきものも見えて参りました。

DSC03754.jpg
おー、屋台とお土産物屋さんが数軒並んでる。コレが会場に間違い無いっ!

DSC03756.jpg
お土産物もひまわりばっかり。

DSC03757.jpg
さすがゆるキャラのタイっすなぁ。ゆるゆるのひまわりオブジェが沢山売っております♪

テンションが上がってきたので早速記念撮影にとりかかりましょう!

DSC03760.jpg
「うお~、ひまわり満開だぜ~!」


タイの観光スポットって大抵こういう写真撮影用のおかしなスペースが
用意されてるんすよねー。サバーイ♪サバーイ♪

DSC03771.jpg
トラクターで牽引するトロッコ列車!?(20バーツ)にも乗ってみました♪

ガタガタ揺れるトロッコ列車はひまわり畑を突き進みます。右を見ても左を見ても前を見ても
後ろを見ても一面ひまわり、ひまわり、ひまわり♪

DSC03765.jpg
さぁ、はばんぐーさんは何処でしょう?

いやぁ、ゆるゆるのお祭りで最高に楽しかったっす。
こういうタイ人向けのローカルなお祭りってサバーイですよねぇ~。
外国人観光客を想定してないから何を買っても良心的な価格ですしね。

ロッブリーのひまわり祭り、日本のガイドブックには載ってませんが結構オススメですっ!

<次回へ続く>

※当ブログに使用している写真はケータイサイトでも見易いように小さめのサムネイルと
なっておりますので、PCで大きくして見たい方は写真を直接クリックしてちょーだいね。


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

2010タイ旅行(4) ロッブリー編

サワディーカップ!

はばんぐーさんのタイ旅行記、今回はロッブリー編だっす。
日本に帰ってからも最近在日のタイ人と話す機会が多いんですが、
「ロッブリーに行ってきたよ」と言うと必ず「猿いっぱいねー」という返事が返ってくる位
ロッブリーは猿で有名な町らしいです。

そんなロッブリーの町の中心に宿を取ったのですが、いやぁ本当に猿が多いのなんのって。

ゲストハウスの自室の窓を開けると...

DSC03724.jpg
ウキー!ウッキッキー!

窓の景色=動物園の猿の檻状態っす。
まぁ、それはそれでちょっと楽しいのでずーっと眺めるのもアリかなっと。

DSC03725.jpg
モチロン餌やり(宿の自室から直接ね!)も可能です。

DSC03729.jpg
荘厳な雰囲気のクメール様式の遺跡も猿だらけのけ...

DSC03726.jpg
町中に猿が溢れかえっておりました。

食べ物を持って歩いていたりすると、あっと言う間に猿に取られちゃうので油断も隙も
ございません。観光客だけでなく、地元のタイ人も食べ物を取られるのを見かけたので
かなり要注意っす!

それにしても不思議なのは市場一帯と屋台のある地域一帯には猿が一匹も居ないこと...
想像するに、猿と人間との長い共存の歴史の中で、
「あの一帯に入ると人間がマジでキレるウキー!」
と猿たちが学んだ結果なんでしょうなぁ。

猿知恵、侮るべからずや。

<次回へ続く>

※当ブログに使用している写真はケータイサイトでも見易いように小さめのサムネイルと
なっておりますので、PCで大きくして見たい方は写真を直接クリックしてちょーだいね。


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

2010タイ旅行(3) バンコク~ロッブリー電車で移動編

サワディーカップ!

クリスマスなんてしゃらくせぇ~!
っちゅーことで、本日もタイ旅行記の続きをたんたんたたんと綴っていきたいと存じます。

さて、今日はバンコクから200kmほどかな?北に位置するロッブリーまでの移動っす。
タイ国内での移動方法は長距離バスが一番メジャーなんだけど、はばんぐーさんは列車で
移動する「世界の車窓から」的な雰囲気が大好きなので今回は列車移動をチョイス。
バンコクのど真ん中、ホワランポーン駅からロッブリーを目指します。

DSC03703.jpg
ホワランポーン駅。う~ん、ドーム型の駅舎が世界の車窓からっぽくってステキ♪

ちなみに料金ですが、普通列車だとたったの28バーツ。
ところが特急列車だと344バーツもするんですわ。10倍以上ってどういうことなんでしょ?
若かりし頃のはばんぐーさんだったら迷わず28バーツの普通列車をチョイスするとこだけど、
今回の旅行は日程もタイトだし、タイの鉄道、特に普通列車は1~2時間遅れが当たり前なので
344バーツのエクスプレスをチョイスしてしまったのでございますー。
うひょーっ、オレってリッチマーン!

DSC03707.jpg
これが特急の車内。タイの鉄道的にはキレイなんだろうけど日本人の感覚からすると...

それにしてもエアコンがガンガン効いております。設定温度12℃くらいじゃないかなぁ?
周りの乗客も上着を羽織ってプルプル震えておりました。さすが10倍以上の料金出した
甲斐があるってもんですよ。

まっ、一応その他にも特急列車らしいサービスがございまして、

DSC03705.jpg
無料のお弁当サービス。コップに入った氷水まで付いておりやしたぜ、ダンナ。

あと、極めつけのサービスがコチラ。

DSC03710.jpg
運転手さん(モチロン運転中)と自由に会話可能!

う~ん、わんだほ~♪
写真撮ってるからキチンと前を向いてるけど、通常時はわき見運転のサービスも満点ですっ。
これは日本の鉄道では絶対に味わえないサービスでございますね。
こんなフレンドリーなサービス、JRさんも是非是非見習って欲しいもんです。

タイの国鉄は乗客の安全対策も万全で、列車の連結部分にはこんな表示が...

DSC03712.jpg
おー、ちゃんと気を付ければ走行中でも渡って構わないんすね。

折角なんで渡ってみましょうか!?

DSC03715.jpg
ひ~、時速100km近いんで、ちょっとした遊園地のアトラクションよりもビビりまっす!

一応手摺りが付いてるんだけど、列車自体の揺れが日本の鉄道の比じゃないんで、
マジで落っこちそうで怖いっすよ...
いやぁ~、セガール凄いわってマジ感心しちゃいました。

そんなこんなでホスピタリティーの行き届いた鉄道を利用して、無事にロッブリーに到着~♪

DSC03723.jpg
ロッブリー駅前。タイの田舎駅ってどこも似たような雰囲気だにゃ。

ちなみにロッブリーは「猿の町」っちゅーことで、

DSC03720.jpg
駅のホームには巨大な猿の像がっ!高さ5mくらいか?

DSC03719.jpg
駅の売店も猿、猿、猿。

はばんぐーさんのタイ紀行はまだ始まったばかりでござる~!

<次回へ続く>

※当ブログに使用している写真はケータイサイトでも見易いように小さめのサムネイルと
なっておりますので、PCで大きくして見たい方は写真を直接クリックしてちょーだいね。


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

2010タイ旅行(2) タリンチャン水上マーケット編

サワディーカップ!

早速ですが、本日は「タリンチャン水上マーケット」へご案内~♪

タイ、バンコクで水上マーケットと言うとダムヌンサドゥアクが超有名っすが、
余りにも観光地観光地してるのではばんぐーさんは未だに行ったことがございません...
ちなみに今回伺ったタリンチャン水上マーケットも観光地には違いないんだけど、

1.バンコク市内から近い(バスで30分程度)
2.タイ人の観光客に大人気
3.外国人観光客は殆ど居ないらしい
4.価格設定が良心的!庶民的!


そんな訳で行ってみましたのよ~ん。

バンコク市内からは79番のエアコンバスで向かいます。
はばんぐーさんはカオサンの近くに滞在しておりましたんですが、カオサン近辺からなら
バス代は14バーツでございました。
バスの乗り方が良く分からない人はタクシーでも60~100バーツで行けると思います。
「タラートナーム タリンチャン」と叫び続ければ多分通じます、はい!

DSC03632.jpg
はーい、おなじみ水上マーケットでございますよー。焼き鳥はいかがっすか~?

DSC03640.jpg
コチラさんではスイーツなんぞを売っておりますねぇ。

わざわざボートの上で商売してるのがいかにも『観光地』って感じなんだけど、
地元のタイ人達は大盛り上がりでいろいろと買っちゃ食っちゃ買っちゃ食っちゃしております。

なので、はばんぐーさんも早速南極大冒険♪

DSC03636.jpg
クン・オプ・ウンセン!

DSC03637.jpg
トート・マン・クン!

海老三昧いっちゃいましたよ~♪運河沿いではエビエビ食べないとねー。

そう、海老蔵流行ってるしねー!

それにしてもトート・マン・クン(海老のすり身の揚げ物)が食べれたのはラッキーで
ございました。これって結構有名なタイ料理なのに、タイではなかなか見かけないんすよね。
まっ、はばんぐーさんが覗いてるのが安い店ばかりなんでしょうが...

お腹がいっぱいになったらボートツアーに参加しましょう!
コースはいろいろとあるんだけど、どれもお安いなぁ!
はばんぐーさんが参加したのは3時間程のツアーで100バーツだったかな!?
オーキッド(蘭)ファーム見学やお寺の参拝が含まれております。

さて、いざ出発~!

DSC03649.jpg
すれ違った別の観光用ボート。おっ、珍しく白人観光客が乗ってるぜっ!

20名程の観光客を乗せてボートは運河をどんどん進みます。
意外にスピードは出るし、座席が水面すれすれなのでちょっと怖いけど気持ちイイ~♪
運河沿いには民家が立ち並んでるんだけど、どの民家にも船着場があって
タイ人も犬もゴローンとくつろいでおります。
「おっ、今でもちょっとは水上生活してるんだー」などと感慨深い雰囲気でございました。

DSC03652.jpg
運河に面した雑貨屋さん。みんなボートでお買い物に来るんざんしょ。

途中オーキッドファームで蘭の栽培を見学したり、お寺で徳の高いであろうお坊さんの
ミイラを拝んだりと内容は盛り沢山。なかなか楽しいツアーでござんしたよ。

DSC03672.jpg
ツアーの終盤戦。10バーツで買ったパンを運河の魚達に食べさせて徳を積みます。

鯉の一種、草魚か蓮魚みないなモンだと思いますが、デカ過ぎ!大過ぎ!飛び跳ね過ぎ!
10cm四方のパンを一口で水中に引きずり込むパワーには唖然。
あと、タイ人の観光客の一部は自分の指を魚に咥えさせてたのにも唖然。

いやぁ、なかなか楽しい一日でございましたわ。

バンコクへお越しの際には是非是非足を運んでみてはいかがでしょ?
あっ、ちなみに開催は土日のみなのでご注意を。

<次回へ続く>

※当ブログに使用している写真はケータイサイトでも見易いように小さめのサムネイルと
なっておりますので、PCで大きくして見たい方は写真を直接クリックしてちょーだいね。


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人
 

プロフィール

 

はばんぐー

Author:はばんぐー
出身地:はばんぐー星
好きな食べ物:はばんぐー

コメント・質問・リンク大歓迎!
お気軽にどうぞ。
知っていることから知らないことまでテキトーにお答えします。

 

カテゴリ

 
 

Donation

 

 

月別アーカイブ

 
 

だれんだ~?

 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

ブログランキング

 
 

このブログの読者になる

 
 

RSSリンクの表示

 
 

QRコード

 

QR

 

お気に入りブログのリンク

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。