はばんぐーの怠惰な日常を彩る様々な食、音楽、文化を紹介するとってもアカデミックで教養高いブログだっす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れずに埋もれたミュージシャン達 「Blancmange」

いやぁ、古今東西国内外を問わず、紙一重!もうちょっとで売れなかったバンドって
沢山ありますよねぇ~。
まぁ、売れるにはそれ相当の実力+運+その他いろんなモンが必要ってことなんでしょうけど。

今日はそんな「いろんなモン」が足りなかったバンドにスポットを当ててみましょう!
(ヒット件数が多かったらシリーズ化の予定!)

そんなバンドっていくらでも有るんだけど、先ずはばんぐーさんの脳裏に浮かんだのが
『Blancmange』(ブランマンジェ)!
80年代前半にボチボチ活躍?いやっ、日本では全く活躍しなかったいわゆるエレポップなんて
ジャンルに分類されるデュオなんだけど、なかなかカッコ良かったんすよ。

当時活躍していたエレポップと言えば「The Human League」「Tears For Fears」「Depeche Mode」
「New Order」「Ultravox」から「Pet shop Boys」まで挙げたらキリが有りませんな。
「Men Without Hats」なんかも日本ではただの一発屋扱いだけど実は名曲多いし。

そんな中、日本では全然注目されず殆ど誰の記憶にも残っていないのが
「Blancmange」のお二人さん。
なんて言いつつもリマスター化された当時のCDもそこそこ売れたりしてるみたいなので
それなりにマニアックなファンも居るみたいですね。

今宵お送りするのは、そんな不遇のエレポップデュオ「ブランマンジェ」の至極の名曲、
シングルとしては唯一?のスローナンバー「Waves」!


う~ん、ミュートマを思い出すなぁ♪♪♪

とってもダサい打ち込みのドラム、シンセベースと生演奏のストリングスがなんだか
ミスマッチで気持ち良い♪野太いボーカルもかなり聞き応え有り。
それに何よりこのP.V。
白人が黄色いカッパとか着てるとなんだかカッコ良く見えちゃうんだけど、良く考えたら
これってただの漁師だよなぁ!?鳥羽一郎の世界かぁ???
なんで漁師が漁船で大声で歌ってるのか意味不明だし、時々出てくる人魚達が80'sっぽくって
もう鳥肌モノ!

どーでもイイけどこのジャケット、カッコイイっすよねー。
レコード屋で見かけたら思わずジャケ買いしちゃいそうっす。

Happy Families... PlusHappy Families... Plus
(2008/09/16)
Blancmange

商品詳細を見る


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人
スポンサーサイト

ニューロマンティックの大スター 『Duran Duran』

みなさ~ん、『激安』が好きですか~?

「だーいすーきでーっす!」

はーい、良くできましたねぇ。

と言う訳で相変わらず激安大好きのはばんぐーさん、今日は中古CDショップを覗いてみました。

近所の商店街の空き店舗を利用した期間限定?の中古ショップなんすが、
とにかく安い!安い!
CD売り場は50円ゾーン、100円ゾーン、180円ゾーンの3種類。
廃棄処分予定のゴミをタダで譲り受けてくるリサイクル商売でしょうね。
仕入原価は0円なので50円で売っても一応利益が出る仕組みなんでしょう。

さすがに50円ゾーンにはめぼしいお宝は発見できませんでしたが、180円ゾーンで
かなりのお宝2枚を発見しやんした!

DSC01573.jpg
じゃーん、「Duran Duran」に「Matt Bianco」どちらもベスト版!

DSC01574.jpg
ほうほう、レンタルCDショップの廃棄処分品なんすね。


いやぁ、「Duran Duran」のベスト版に至っては、先週急にほしくなりアマゾンで価格チェックを
したばっかりだったので、まさに「とったどぉ~!」の気分っす。

早速お家に帰って聴いてみます。

「あは~ん、エラくかっちょええじゃないかねぇ~♪」

デュランデュランやカルチャークラブ、ヒューマンリーグなど後に「ニューロマンティック」と呼ばれる
イギリス発祥のミュージシャン達が世界を席巻した80年代前半、はばんぐーさんはまだ中学生。
(いわゆる第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンってステキな時代ですな。)
デュランデュランはメチャメチャ甘いルックスでしたから「どうせビジュアル系でしょ?」なーんて
軽視しておりましたし、実際日本なんかでは圧倒的に女性ファンが多かった訳なんですが、
改めて聴いてみると曲作りの真面目さ、カッコ良さに改めて感動っすよー。
ニューロマンティックの王道とも言うべきシンセ多用のエレクトリックポップな訳ですが、
RolandのJupiter系のアナログシンセサウンドがグリグリしててスッゲーカッコ良い!
「Rio」「Save A Prayer」などDX-7以前のサウンドが個人的には好きかも。

ただのビジュアル系アイドルバンドじゃなかったんすねぇ。ちょっと反省っす...

ちなみにどうでも良いトリビアを一つ。
デュランデュランの黄金期を飾ったメンバーは以下の5人ですよね。
ニック・ローズ(Nick Rhodes) キーボード
サイモン・ル・ボン(Simon Le Bon)  ボーカル
ジョン・テイラー(John Taylor) ベース
ロジャー・テイラー(Roger Taylor)  ドラム
アンディ・テイラー(Andy Taylor)  ギター

テイラーさんが3人もおりますが、全員完全な赤の他人だそうです。
当時は兄弟って信じてたのに...

んで、もう一枚が言わずと知れた「Matt Bianco」のベスト版なんすが、
マットビアンコについては改めて書きましょっか!?
アタシの大好きなファンカラティーナ大特集でも盛大にやりましょう!

 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

久々に聴いたらやっぱカッコイイ! 「Tarzan Boy」(ターザンボーイ)

うぉお うぉおお おおお おお~お~ お~お~♪
うぉお うぉおお おおお おお~お~ お~お~♪


コレで合ってますかね?

えっ、「何が?」って「Tarzan Boy」(ターザンボーイ)のイントロリフに決まってるっしょ!?

いやぁ、さっきテレビ見てたら番組のバックで掛かってたのでエラく気になって
You Tubeで早速ご覧になっちゃいましたよ。
懐かしいなぁ~!


アイラインが80'sっぽくてステキ!

1985年くらい?でしょうかねぇ、結構ヒットしましたよね。
冒頭のイントロリフがインパクト有りましたからねぇ。

っで、この曲を歌ってた「Baltimora」(バルティモラ)ってまあ一言で言うなれば
『一発屋』なんすけど、一発屋だけに詳しい情報があんまり残ってないらしいんですよー。
「バルティモラ」ってのがバンド名だったのか、はたまたヴォーカルのジム・マクシェーン自身が
「バルティモラ」って名乗ってたのかすら不明だっちゅうんだから、ヒドいもんっす。

このヴォーカルのジム・マクシェーンですが、元々アイルランド出身。
「Tarzan Boy」はデビュー曲で、1984年にイタリアでリリースされましたの。
イタリアでは全然売れなかったらしいんだけど、翌年イギリスで、後にアメリカで
ヒット!それに伴って日本でもディスコでバリバリかかりまくってましたのよん。
更にこの曲は90年代にもアメリカのテレビCMに起用されて再度ヒットしたり、
映画「ニンジャ・タートルズ3」のサントラに収録されたりとロングヒットを
続けておるんですなぁ。
まっ、いわゆるブンチャ♪ブンチャ♪系の80'sディスコソングなんですが、
やっぱ『名曲』 なんでしょう。

『一発屋』とは言え、こんな名曲を残したジム・マクシェーンですが、1995年にエイズで亡くなっとります。
「ん~、やっぱり...」ですね。

またこの「Tarzan Boy」ですが、アメリカではゲイ向けの栄養ドリンク『Gay Fuel』の公式ソングに
起用されているらしいんですけど、この『Gay Fuel』を検索するとモノ凄いサイトに行き当たるので
ココではリンク貼るの止めときまっす。

 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

名作アルバムめっけ 『The Very Best of Dr. Buzzard's Original Savannah Band 』

本日のはばんぐーさんのオススメ、至極の逸品はコチラざんす。

『The Very Best of Dr. Buzzard's Original Savannah Band 』

ホントは彼らのファーストアルバムがオススメなんだけど、
コチラのベスト版の方が、ファーストとセカンドが全曲入ってとってもお得なの。

The Very Best of Dr. Buzzard\\\'s Original Savannah BandThe Very Best of Dr. Buzzard\\\'s Original Savannah Band
(2008/03/01)
Dr. Buzzard\\\'s Original Savannah Band

商品詳細を見る

新品でたったの690円!アマゾンさんセンキュー!

でもこのバンド、活動してたのは70年代なので実ははばんぐーさんの世代じゃないんですよ。

元々アタシが気になっていたのは「Elbow Bones and The Racketeers」の
「A night in New York」っつー曲なんす。



中学生の頃にMTVで見かけて「ひ~、大人の上質ポップスかっちょエエ~♪」と
思ってたんだけど、それ以来全くの行方知れず...
当時はインターネットなんて便利なシロモノも無かったのでそれ以上調べようが無かったんだけど、
最近ググってみてようやくその全貌が明らかになったのね。
ま、Elbow Bonesなんてふざけたネーミングからしていわゆる企画モノだったと思うんすけど、
政策を手掛けたのは「Kid Creole & The Coconuts」のAugust Darnellだったんすね。
(オーガスト・ダーネルとキッド・クレオールは同一人物)
キッド・クレオールと言えば、派手なスーツにパナマ帽を被った趣味丸出しの
ファンク&ラテンおじさんてなイメージでしょうか。

日本でのヒット曲はあまりございませんが、昔ニッカウィスキーのCMでこんなん流れてましたね。


いま聴いてもメッチャかっこよす♪ちょっとヤラしくてステキ!

ふぅ~、「Elbow Bones and The Racketeers」から「Kid Creole & The Coconuts」を辿り
ようやく本題の「Dr. Buzzard's Original Savannah Band」に戻ってきた訳っすよ。

このアルバム、ホントにスゴいです!!!
76年当時この音作りをやってのけたオシャレセンスが信じられない。
690円なんだから皆さん是非買って聴いて下さい!

Matt Biancoやその前身であるBlue Lond A La Turk、Haircut100などなどファンカラティーナを
こよなく愛する人、それに映画「コットンクラブ」「キャバレー」「シカゴ」など1920年代
アメリカの大人っぽいクールな雰囲気に入れ込んじゃう人もハマること間違いなしす。
Swing Out Sisterみたいなアシッドジャズ&ポップ系の人も良いでしょ。

まっ、このアルバムが後のミュージシャンに多大な影響を与えたことは間違いございませんな。
小沢健二、ピチカートファイブなんかも影響モロに受けてるっしょ。

 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

マイケルと双璧をなした黒人ポップスター ライオネル・リッチー♪

久々のCD大人買い~♪

DSC01164.jpg
3枚買っちゃいました。

○Supernatural ~ Des`ree
○Back To Front ~ Lionel Richie
○Gloria Estefan ~ Hold Me Thrill Me Kiss Me


あっ、ヤベ!値札剥がすの忘れてたっ!
250円って書いてあるじゃん...

しかもCDセールをやってたので、250円のCD3枚買ってたったの500円!!!
コレは安いっしょ。
音楽ソフトはダウンロードが主流の昨今ですが、ダウンロード1曲300~400円だったら
中古CDアルバム1枚250円で買った方がイイな。

ちなみに今回買ったCD、どれも80年代に活躍された方々ですが、
Lionel Richieの「Back To Front」はなかなか良かったっす。
コモドアーズから独立?してソロになったライオネル・リッチーが活躍した
80年代のヒット曲は殆ど網羅しているんじゃないでしょうか。
ただ、はばんぐーさん的にちょっと満足しきれなかったのが
リチ夫の隠れた名曲『You Are』が入っていなかったこと!
まっ、そんなに売れた曲じゃないんですけど、83年に発表された大ヒットアルバム
「Can't Slow Down」(この中の大ヒット曲「All Night Long」はロス五輪の閉会式での
パフォーマンスが有名)より前に発表された、ちょっとイカした大人のソウルバラードなんすよ。

まっ、聴いてちょうだいな。


うっひょーっ!カッコイイっすなー♪

まぁ、「Endless Love」「Truly」「All Night Long 」「Hello」などの大ヒット曲の狭間に
埋もれちゃった感は否めないっすよねー。

ちなみにカレのコドモアーズとしての最初の仕事は、ジャクソン・ファイブの
ライブツアーのサポートだったそうで...
あの「We Are The World」の歌い出しもカレっすから、その大物っぷりは大したモンっすね。

さすが、マイケルと双璧をなした80年代最高の黒人ポップスターっす!!!

 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

おきてがみ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 

プロフィール

 

はばんぐー

Author:はばんぐー
出身地:はばんぐー星
好きな食べ物:はばんぐー

コメント・質問・リンク大歓迎!
お気軽にどうぞ。
知っていることから知らないことまでテキトーにお答えします。

 

カテゴリ

 
 

Donation

 

 

月別アーカイブ

 
 

だれんだ~?

 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

ブログランキング

 
 

このブログの読者になる

 
 

RSSリンクの表示

 
 

QRコード

 

QR

 

お気に入りブログのリンク

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。