はばんぐーの怠惰な日常を彩る様々な食、音楽、文化を紹介するとってもアカデミックで教養高いブログだっす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1円で新品の本が買えちゃった♪ アマゾンの中古ってスゴい!

先日、アマゾンで本を買ったはばんぐーさんっす。

今まで何回も読んだことのある本だったので「まっ、中古でもイイかっ」てな感じで、
アマゾンの中古品コーナーを覗いて見ましたの。
すると商品価格「1円」コンディション「中古品-良い」と書いてある商品が沢山並んでおります。
「んっ?なんじゃコリャ?」と思い、購入者のレビューを見ても別に問題なさそうっす。
んで早速ポチってみたのですが、数日後届いた本をみてビックリこき麻呂!!!

DSC01395.jpg
お~、コレ完全に新品の本じゃーん♪

どっかの本屋さんから在庫整理で返品された本を処分する過程で、
中古業者がどこかのタイミングでタダ同然で買い取って中古として販売してるんでしょうねぇ。
仕入れはタダ同然なので、アマゾンが決めている定額の送料340円と実際の送料の差額でも
十分に利益が出ちゃうんでしょうな~。

でもこれって日本の出版業界が頑なに守り続ける『再販制度』に対する挑戦???
っつーのはちょっと考え過ぎかなぁ。
本当は「新品同様」とか書いてもっと高値で売った方が儲かるんだろうけど、
そんなことしたら業界に潰されちゃうでしょうしね。

安いのは嬉しいんだけど、なんだかいろんな問題を孕んでいるような気がします...

まっ、深く考えずに安くて良いモノはバンバン買っちゃいましょう~!

今回は1円だったけど、定価の半額位で買えるアマゾンの中古本の場合、
コンディションを見てじっくり選べば新品同様の「返品本」が買えること多いっすよ!


 ↓↓↓コチラをポチっとしていただくと更新意欲がちょっとあがります↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人
スポンサーサイト

超名作ファンタジー 『モモ』ミヒャエル・エンデ

皆さんもご存知の冒険ファンタジー『ネバーエンディングストーリー』(はてしない物語)の著者、
ミヒャエル・エンデが送る傑作ファンタジー児童文学、それがこの『モモ』であります。

○あらすじ○
主人公は年齢も素性も分からない浮浪児の女の子「モモ」。相手の話を聞いてあげることで、
その人に本来の自分自身を取り戻させる不思議な能力を持った彼女は、大人から子供まで
村の人気者。
村の人々はモモと一緒に、皆にこやかに暮らしていました。
しかしその世界も「灰色の男たち」の出現により一変していきます。彼らは「時間」を人間に
節約させて世界中の「時間」を独占し、この世界を乗っ取ろうと考えているのです。
「灰色の男たち」に操られた人々は「良い暮らし」の為と信じて必死に時間を倹約して、
追い立てられるようにせかせかと生きるようになり、そこには「ゆとり」も「笑い」もなく
みんな暗い顔でイライラと生活しています。
そんな中、モモは時間を司るマイスター・ホラから時間の本当意味を教えられ、時間の持つ豊かさ、
美しさを知り、遂には「灰色の男たち」と対決することに...


大体こんなストーリーなんですが、どうです?面白そうでしょ?
ん?そこの面白そうと思わなかった現代人のアナタ!必読ですよ。
物語に描かれている「灰色の男たち」支配された見せ掛けの繁栄と効率の良い社会、
モノに溢れた都会の光景はなんだかはばんぐーさんの住んでいる
この東京にそっくりな気がしますな。
時間に追われる現代社会に対する警鐘に耳が痛いです...
まっ、アタシは脱サラスローライフ満喫中ですがね♪

更にこの物語の素晴らしいところはかけがえの無い「時間」という概念の大切さを、
児童文学という形で読者である子供達にキチンと教えてくれるところなんですねぇ。

当然ハッピーエンドなので最後にはモモが勝利し人々は豊かな暮らしに戻るのですが、
人々の暮らしが元に戻った時の描写がはばんぐーさんは大好きです。

「大都会では、長いこと見られなかった光景が繰り広げられていました。
子供達は道路の真ん中で遊び、車で行く人は車を止めてそれをニコニコと眺め、
時には車から降りて一緒に遊びました。
あっちでもこっちでも、人々は足を止めて親しげに言葉を交わし互いの暮らしを
詳しく尋ねあいました。
仕事に出掛ける人も、今では窓辺の美しい花に目を止めたり、
小鳥にパン屑を投げてやったりするゆとりがあります...」

こんな社会に、アタシは住みたい...

アタシは気楽な独りモンですが、自分の子供がいたら絶対に読ませたい物語ナンバーワン決定!
小学校高学年になれば読めると思うので、是非お子様に一冊どうぞ。
あっ、心の乾ききった大人の皆さんにももちろんオススメです。大人だったら大体半日~丸一日で
読めるんじゃないかな。

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
(1976/09)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る
レビューだけでも是非読んでみてちょうだい!


  ↓↓↓ブログランキング参加中!コチラもポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

オススメ本 クライヴ・バーカーの「ウィーヴワールド」

こう見えても読書が結構大好きだったりするはばんぐーさん。
だいたい年に100冊くらいは読んでるのかしら?

っで、そのわりに本について書いたことが無かったので今日は「オススメの1冊」を
ご紹介いたします。

得意分野はSF、ホラー、ファンタジー...といった馴染みのない人には
かなりマニアなジャンル。特に日本では全く人気が無いんですよねぇ。

さあ、マニアであることを自称してしまったのでとってもマニアな一冊をオススメ
しちゃいましょう!
クライヴ・バーカーの「ウィーヴワールド」ですの。

ウィーヴワールド〈上〉 (集英社文庫)ウィーヴワールド〈上〉 (集英社文庫)
(1994/11)
クライヴ バーカー

商品詳細を見る


ウィーヴワールド〈下〉 (集英社文庫)ウィーヴワールド〈下〉 (集英社文庫)
(1994/11)
クライヴ バーカー

商品詳細を見る


バーカーと言えばちょっと映画に詳しい人なら、「ヘルレイザー」「キャンディマン」など
ホラー映画の監督として思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか。
しかしながら彼は元々立派なホラー作家(時々エログロ)!そして立派なゲイ!

そんな「ホラー作家」で「ゲイ」な彼が書いたファンタジーの超大作、「ウィーヴワールド」が
素晴らしくない訳が無いのねん。
一枚の絨毯に織り込まれ封じ込められていた伝説の魔法世界、その綺想郷を守ろうとする者、
支配しようとする者、破壊しようとする者達の戦いがメインなんだけど、作中に見える人生観
「生と死のあいだにあるのは愛だけ、虚無に立ち向かえるのは愛だけである」というのが
至極純粋に伝わってきてもう堪らんですわぁ。
また絨毯に織り込まれた不思議な世界という設定がかなり魅力的♪
それが絨毯から解放されて広がる場面などその目眩るめく描写に圧倒されちゃうの。

「絶対読んで頂戴!」(おすぎ風)と叫ばずにはいられない一冊っす。

  ↓↓↓ブログランキング参加中!コチラもポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村 自由人

 

プロフィール

 

はばんぐー

Author:はばんぐー
出身地:はばんぐー星
好きな食べ物:はばんぐー

コメント・質問・リンク大歓迎!
お気軽にどうぞ。
知っていることから知らないことまでテキトーにお答えします。

 

カテゴリ

 
 

Donation

 

 

月別アーカイブ

 
 

だれんだ~?

 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

 
 

最新コメント

 
 

ブログランキング

 
 

このブログの読者になる

 
 

RSSリンクの表示

 
 

QRコード

 

QR

 

お気に入りブログのリンク

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。